分離マスの掃除もお忘れなく!

©株式会社VOTE FOR

■年末の大掃除の際は分離マス(グリストラップ)の掃除もお願いします
分離マスの清掃は、月1回から2回程度の油や粗ゴミの清掃に加え、年末は底に溜まっているゴミまで清掃すると詰まりや悪臭の発生を抑えられます。
分離マス(グリストラップ)のついていない家庭は、油や生ゴミ等を下水道に流さないようお願いします。排水口ネットや新聞紙等を活用してください。
排水管が詰まると、清掃にお金も時間も多くかかります。宅地内の排水管は個人管理です。詰まりの原因となるものを流すのは極力避けましょう。

■分離マス(グリストラップ)の清掃・点検方法
(1)たまった油やゴミを取り除く
(2)分離マス(グリストラップ)内を十分に水洗い
(3)カゴもきれいに洗う
(4)清掃で出た油やゴミ等は燃えるゴミへ