ロシアのハッカー集団に米制裁

40カ国で百億円超盗む

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米財務省は5日、ロシアに拠点を置くハッカー集団「イーブルコープ」や関連団体の計7団体とリーダーら17人を米独自の制裁対象に指定したと発表した。同省はこの集団が米英など40カ国以上の金融機関から1億ドル(約108億円)以上を盗んだとしている。司法省は同日までにリーダーら2人をコンピューターへの不正アクセスの疑いなどで訴追した。

 財務省によると、イーブルコープなどはマルウエア(悪意のあるソフト)を使ってログイン情報を収集し、米国を含む40カ国以上の約300の金融機関から窃取。米国と英国にある金融機関が主な標的となっていたという。