光のルネサンスに1000万円寄付 市長から感謝状

©株式会社新日本海新聞社

感謝状を手に笑顔の河社長(左)と、寄付金目録を手にした松井市長=4日夜、大阪市内

 関西で分譲マンションを展開しているリバー産業(河啓一社長)、同社安全衛生協力会(上田充孝会長)共催の令和元年度総会が4日夜、大阪市内のホテルで開かれた。席上、「OSAKA光のルネサンスの魅力向上に活用して」と河社長は、1千万円の寄付目録を松井一郎市長に手渡した。返礼に松井市長から感謝状が贈られた。

 同社は今年、この日の寄付金以外に、大阪市の「こどもの貧困対策支援金」と大阪府の「御堂筋イルミネーション基金」にそれぞれ、1千万円を寄付しており、河社長は「社会貢献活動の一環として、大阪を元気にしていくために、今後もできる限りの協力をしていきたい」と述べた。

 総会では安全、品質面などで同社の発展に貢献した52人を表彰。金賞には松美園の松本恵実さんが選ばれた。