【西18丁目駅】絵本とおもちゃの専門店「ろばのこ」で選ぶクリスマスプレゼント

©株式会社サンケイリビング新聞社

今回は、クリスマスにおすすめの楽しいおもちゃと絵本をご紹介します。

出典:リビング札幌Web

絵本とおもちゃの専門店「ろばのこ」は、子どもの暮らしに大切な絵本やおもちゃを扱うお店。地下鉄東西線 西18丁目駅から徒歩3分。D&DEPARTMENT;やcholonなど人気生活雑貨店がたくさん入った庭ビルという建物の2階にあります。

出典:リビング札幌Web

木を基調としたヨーロッパのおもちゃ、昔から親しまれている絵本、大人も楽しめる児童小説など様々な本が揃っています。

出典:リビング札幌Web

12月25日まで「XMAS MARKET」を開催中で、オーナメントやツリー、キャンドルなど、ワクワクするようなクリスマス商品がずらりと並んでいます!ろばのこのスタッフがお子さんの年齢に合わせたおもちゃを紹介してくれるので、大切なクリスマスプレゼント選びも安心です。

クリスマスにおすすめのおもちゃ

出典:リビング札幌Web

「ろばのこ」店長 藤田とわさんに、おすすめのおもちゃについてお話を伺いました。ろばのこのおもちゃで遊び、絵本を読んでもらって育ったという知的で可愛らしい藤田さん。

出典:リビング札幌Web

店長おすすめはスペインで作られている「グラパット」。触って気持ちよく、並べるのが楽しい木のおもちゃで、床に並べて模様を作ったり、他のおもちゃと合わせたり、色々な遊び方が広がります。安全な染料で染められているので、子どもがなめたりしても安心です。

出典:リビング札幌Web

「自然のものとの相性も凄くよくて、拾ってきた枝と一緒に飾るのもいいですよ。色合いもよく考えて作られていると思います。」と藤田さん。

色で春夏秋冬をイメージしたシリーズもあり、ニュアンスを楽しめるので、玄関や部屋に飾ってあってもかわいいですね。

世界で一番美しい動物のぬいぐるみを作っているドイツのKOESEN (ケーセン)社。リアルだけど愛嬌のある動物たちに、大人も子どもも魅了されます。

出典:リビング札幌Web

その中でも1番のおすすめは、こちらのくまさん。抱きしめると気持ちよくて、大人の方も一目ぼれして買って行かれる方もいるそうです。中にビーズが入っていて、おすわりが上手。少し重みがあります。

「手作りのため、凛々しい顔、優しい顔、ぬいぐるみによって表情や雰囲気が違います。」と藤田さん。

出典:リビング札幌Web

こちらは、ドイツの作家 マリア・バーレンベンさんが手作りするパペット。手を入れると命が吹き込まれます。精巧な縫製技術が詰まった特別なぬいぐるみです。

他にも、子どもも大人も遊びたくなる素敵なおもちゃが沢山あります!

心温まる!クリスマスにおすすめの絵本

ピーター・コリントンさんの、文字がなく絵だけで描かれた絵本「天使のクリスマス」。イブの夜、少女がサンタさんへプレゼントのお願いをしています。少女が寝たあと、小さな天使たちがサンタさんを案内します。

出典:リビング札幌Web

「文字がなく、絵で物語をおっていく絵本で、とても素敵な物語です。絵も細かく描かれているので、何度か読み直していくと新しい発見があります。」

出典:リビング札幌Web

せなけいこさんの『ねないこだれだ』『いやだいやだ』『もじゃもじゃ』『にんじん』4冊が入った「いやだいやだの絵本プレゼントBOX」。1969年から人気のいやだいやだの絵本シリーズ誕生50年を記念した部数限定BOXで、ソフトカバーの絵本4冊にミニトートバッグがついた絵本セット。子どもが持ちやすいサイズで、おでかけのおともにもぴったり。子育て中の方へのプレゼントにも最適です。

出典:リビング札幌Web

このほか、心温まるクリスマス絵本がずらりと並んでいます。「指輪物語」などの著者J.R.R.トールキンさんの「サンタ・クロースからの手紙」もおすすめです。トールキンさんが20年以上にわたり子どもたちに贈り続けたクリスマス・レター。

「サンタさんの国の物語で、白熊がサンタさんを手伝っているんですけど、その白熊がどじで色々やらかすんです。面白おかしくお話が描かれていて、本当に流石だなと思います。1年1年でお話が完結しているので、クリスマスまで毎日1話ずつ読んでいくと楽しいですよ。」と藤田さん。

おとなも楽しめる素敵なオーナメントも

ドイツのエルツ地方にあるアルビンプライスラー社の工房で作られているこちらの輝く木製オーナメント。

出典:リビング札幌Web

「色や大きさも色々あり、飾るだけで華やかになるので、お好きなオーナメントを選んで飾るとかわいいですよ。」定番は金と銀、新色の黄色も素敵でした。

出典:リビング札幌Web

お家にクリスマスのものを置くと、毎日幸せな気分で過ごせそうですね。オーナメントも天然素材のものが多く、優しい風合いで可愛らしいものが沢山ありました。是非、お気に入りを見つけて下さい。

こどもの遊ぶをささえるお店「ろばのこ」

「すべてのこどもたちが幸せになってほしい」という気持ちで1996年に誕生したろばのこは、今年で23年を迎えました。

出典:リビング札幌Web

「ろばのこは以前の場所で育児教室を行い、お子さん達が大きくなる過程をとても近くで見てきました。今、その時のお子さんが成長してお父さんお母さんになる世代で、お子さんが生まれてろばのこに戻ってきてくれている時期なので、本当に嬉しいなと思いながらお店に立っています。」と藤田さん。

「ずっと同じおもちゃと絵本も置き続けているので、お客様に懐かしい、と思って頂けたら嬉しいですし、その方のお子さんにも楽しさをお伝えしたいですね。」

出典:リビング札幌Web

「ろばのこ」という店名の由来を伺うと、以前のオーナーがクリスチャンで、イエス・キリストがろばの子に乗ってエルサレムを歩いたという聖書から、「私たちもそのように働きたい。」という思いで名付けられたそうです。

最後に、店長の藤田さんよりメッセージを頂きました。

出典:リビング札幌Web

「お子さんが手に取って遊べるおもちゃをご用意していて、実際に楽しんでいる様子を見ながらおもちゃを選んで頂けます。

お子さんの好みに合わせたおもちゃをアドバイスさせて頂きますので、気軽に相談して頂きたいと思います。是非、沢山の方にお越しいただければと思います。」

出典:リビング札幌Web

皆様も是非、ろばのこでクリスマスプレゼントを探してみて下さい。大人も子どもも楽しめるおもちゃと絵本が沢山揃っていますよ。

■ろばのこ

札幌市中央区大通西17丁目1-7 庭ビル2F

011-688-6997

営業日 毎週 火曜〜土曜(月曜祝日の場合、火曜代休)

11:00〜19:00

駐車場2台有り

http://www.robanoko.com/