凍結路面でスリップか? 乗用車が防護柵の支柱に衝突 男性が意識不明の重体 北海道芽室町

©北海道文化放送株式会社

6日朝、北海道芽室町で乗用車が防護柵の支柱に衝突し、運転手の男性が意識不明の重体です。

午前7時30分ごろ、芽室町平和の道道で乗用車が道路脇のガードロープの支柱に衝突しました。

運転していた男性が一時車内に閉じ込められ、救急隊によって助け出されましたが、意識不明の重体です。

事故があった現場はゆるいカーブが続く区間で、当時路面は凍結していました。

警察は乗用車がスリップしたとみて当時の状況を詳しく調べています。

また長万部町でもスリップが原因とみられる乗用車同士の衝突事故があり、双方の運転手が病院に搬送されました。

このうち30代の男性が骨折の疑いです。