まちの話題カメラニュース

©株式会社VOTE FOR

■海の子山の子交流教室~山の体験~
山の恵みを学び、友情を深める
10月26日から27日の1泊2日で、焼津市と川根本町の児童が交流する「海の子山の子交流教室~山の体験~」が川根本町で行われました。参加した小学生36人は、地元の木材業者の指導による「木こり体験」や木工工作、トロッコ列車乗車体験、ハイキングなど、川根本町ならではの貴重な体験を通して、友情を深めていました。
8月に市内で開催した「海の体験」に続き、今回の「山の体験」を通して、海と山の自然の恵みを知り、それぞれの郷土への愛着心を高め、相互理解を深めました。

■「全国ソフトバレーレディースフェスティバルIN静岡」に出場チームが訪問
全国大会で焼津市所属のチームが活躍
10月に開催された「第21回全国ソフトバレーレディースフェスティバルIN(イン)静岡」に出場した、焼津市所属のソフトバレーボールチームが、10月21日に市役所を訪れました。訪問したのは「チームうめぱん」「チームトーマス」「焼津天照(やいづあまてらす)」の3チーム。
大会では、参加した64チームを4パートに分けてリーグ戦を行い、「チームトーマス」が予選リーグを全勝で通過、決勝リーグでも強さを発揮し、パート別の中で見事に優勝しました。

■第14回小川港さば祭り
サバも人も大行列!焼きたてのサバを味わう
先月2日、焼津漁港小川外港で「小川港さば祭り」が開催されました。
これは、小川港特産のサバの魅力を紹介する恒例イベントで今年で14回目。約100メートルにわたって一列に並べられた焼き網の上で炭火焼きされた新鮮なサバが1万人に無料で振る舞われました。
また、水産品即売会やヘリコプター遊覧飛行、静岡県調査船「駿河丸」の一般公開、ステージイベントなども行われ、多くの家族連れでにぎわいました。

■第24回焼津市交通安全こども自転車大会
焼津東小学校が団体の部で優勝
先月15日、総合体育館で「第24回焼津市交通安全こども自転車大会」が開催されました。
大会では、市内各小学校ごとに5年生の中から代表者4人がチームを組み、交通ルールに関する筆記試験と実技試験の合計点で競いました。横断歩道での安全な通過方法などが審査され、児童たちは真剣な表情で試験に臨んでいました。
審査の結果、団体の部の優勝が焼津東小学校、準優勝が小川小学校、3位が和田小学校となりました。

■消防団が秋季火災防御訓練を実施
住宅密集地や林野での火災に備える
先月17日、セントラルタウン宗高で焼津市消防団第3・4方面隊と志太消防本部が合同で住宅密集地火災防御訓練を実施しました。これは防火意識などを高めるために秋季火災予防運動の一環として行われたものです。約600メートルの距離を消防車4台で並列にホースを延長し、効率よく送水する中継訓練を行いました。
同日、策牛地区の山間部では、焼津市消防団第1方面隊および藤枝市消防団東部方面隊、志太消防本部が合同で林野火災を想定した訓練を実施しました。