7日は県内も、雪の見込み 西部の山地では積雪の可能性

©株式会社神奈川新聞社

 横浜地方気象台は6日、神奈川県内は7日朝から夕方にかけて雨や雪が降り、西部の山地では積雪の可能性があるとの気象情報を発表した。交通への影響や路面の凍結などに注意するよう呼び掛けている。

 気象台によると、7日は低気圧が伊豆諸島付近で発生し、関東の東に進む見込み。県内で7日正午までの24時間に予想される降雪量は、西部の山地で2センチとしている。