二審も危険運転罪認める

東名あおり夫婦死亡事故

©一般社団法人共同通信社

神奈川県大井町の東名高速道路で2017年、あおり運転を受けた夫婦が死亡した事故で自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われた無職石橋和歩被告(27)の控訴審判決で、東京高裁は6日、懲役18年とした一審裁判員裁判判決を破棄し、横浜地裁に審理を差し戻した。一審に続き危険運転致死傷罪の成立を認めたが、審理手続きに違法な点があったと判断した。被害者の遺族は東京都内で記者会見し、判決について「元に戻るような感じで、すっきりしない」と話した。