大阪地下街「ホワイティうめだ」約50年ぶりリニューアル 朝から飲める聖地に9時半から行列

©まいどなニュース

開店前から行列ができた、居酒屋「わすれな草」

大阪・梅田の各駅を結ぶ地下通路が複雑に連結しており、1日約40万人が訪れる地下街「ホワイティうめだ」(大阪市北区)。その泉の広場エリアが大規模リニューアルし、 12月5日にオープニングセレモニーがおこなわれた。

新たなシンボル「Water Tree」前で、リニューアルオープンのセレモニ。中央が「大阪地下街」の町野和道代表取締役

「大阪地下街」(本社:大阪市北区)の町野和道代表取締役は「大阪の食文化を感じ、歩いて楽しい道がコンセプト。今回オープンする35店舗はすべて食の店。食い倒れの新名所を目指したい」と挨拶した。

オープン初日は、蛇口から日本酒が飲める(期間限定、200円〜)新潟県関西情報発信拠点「新潟をこめ」、日本初出店の「台北餃子張記(たいぺいぎょうざちょうき)」、関西初登場の台湾カフェ「騒豆花(サオドウファ)」と豚汁定食専門店「野菜を食べるごちそうとん汁 ごちとん」、居酒屋「わすれな草」などに行列ができ、多くの店が混雑した。

蛇口から日本酒が飲める! 酒飲みの夢を実現した、新潟県関西情報発信拠点「新潟をこめ」
泉の広場から「NOMOKAゾーン」への入口

居酒屋とバルが軒を連ねた「NOMOKAゾーン」に、箕面市から夫婦で訪れた50代女性は、「ここで主人と待ち合わせしたり、映画館に訪れるときに来ていました。大好きな居酒屋『わすれな草』がこちらに移転したので、朝9時半から並んでます」と開店を楽しみにしている様子だった。

「地下街なのに五反田、大井町クラスの飲み屋、居酒屋が結集している」と出張族にも人気のある同地下街。リニューアル以前から、串カツや、おでん専門店などで夜勤明けの人が朝から飲む場所として定番だった。ワインを飲める店も増えた昨今、マダムの女子会で昼酒という選択も広がり、「ホワイティで昼飲み」人口は増加傾向に。「NOMOKAゾーン」はそれを見越し、全店で11時からアルコールを提供し、飲む側にとっても罪悪感はまったくなし。多彩なラインアップで昼酒の聖地となった。予算は、昼1000円前後、夜2000〜3000円を想定しているという。

なお、待ち合わせスポットとして半世紀以上にわたって親しまれてきた「泉の広場」は噴水が木に変貌。新たにネイキッドが空間演出を手掛けた「Water Tree」が誕生。フルカラーLED照明とステンレスで鏡面仕上げをした枝と葉で、水をイメージした生命の木を表現する。

新たに女性スタッフも。注いでいる日本酒は、篠峯のどぶろく

大阪・肥後橋で、2000年より立ち飲み居酒屋として人気を誇ってきた「わすれな草」。狭いカウンターでたくさんの人が飲めるよう、譲り合いながら肩を入れて立つさまを地元誌「ミーツ・リージョナル」に「ダークダックス立ち」と命名された人気店だ。

名物「カレーリゾット卵のせ」を手に、「わすれな草」店主の井戸本太子さん

店内は座って飲むスタイルに変貌を遂げたが、メニューの多彩さも価格も以前とほぼ変わらない。品書きや古い看板も前店から運び込んだ。変わらないどころか追加されたメニューは、日本酒やワインの種類とジビエ料理。新鮮な鹿とイノシシが、刺身やタタキ、串焼きや唐揚げとなって登場した。名物のチキンカレーリゾット(480円)も健在だ。

手前のカウンターで立ち飲みもできる「天ぷら 大吉」。店内は50席

もう1軒は、堺魚市場で1982年に創業した「天ぷら 大吉」(大阪府堺市)。本店は仲買人のお客が多く、深夜0時から営業する店として、大阪の酔人にはおなじみだ。最後の仕上げに天ぷらと名物のアサリ汁を目当てにタクシーを飛ばして駆けつける。そのアサリ汁だが、本店では食べた後の貝殻を床に捨てるのがこちらの流儀。

ん? よく見れば、床にアサリの貝殻が。代表の津本啓之さん

カウンターが狭いため、床に捨ててもらった方が、店側も片付けがしやすいというのが理由だが、梅田店では「残念ながら衛生上の問題でアサリの殻は床に捨てられなくなったんです」と代表の津本啓之さん。そのかわり、アサリの貝殻が床にかわいく埋められている。好きな具材を選んで注文する揚げたての天ぷらは70種類以上、120円〜。日本酒も10種そろえる。ともに営業は朝11時から23時。奇数月第3木曜、元旦休

ホワイティうめだ https://whity.osaka-chikagai.jp

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース)