Spotifyで「2019年に世界で最も再生されたアーティスト」はポスト・マローン

©ユニバーサル ミュージック合同会社

音楽ストリーミング・サービスSpotifyが発表した「2019年に世界で最も再生されたアーティスト」で、ポスト・マローンが堂々の1位を獲得した。 2019年の音楽シーンを振り返るランキング(集計期間:2019年1月1日~11月25日)で、ビリー・アイリッシュとアリアナ・グランデを制し、65億回以上の再生を記録したポスト・マローンが、「2019年に世界で最も再生されたアーティスト」となった。

内観的な作曲と簡潔な歌唱スタイル、ジャンルを超越した音楽性で大ブレイク中の24歳アーティスト=ポスト・マローン 他にも、最新アルバム『Hollywood's Bleeding』は今年9月6日にリリースしたにも関わらず、わずか12週間で世界で「最も再生されたアルバム」で2位、代表曲「Sunflower(サンフラワー)」は「世界で最も再生された楽曲」で3位という快挙。 さらに、2010年代最後となる今年、過去10年間で最も再生されたアーティストのランキングも発表され、ドレイク、エド・シーランに続く3位となった。

本日、米ビルボードが発表した年間チャートでも、数々の功績を残した。 アーティストの人気度を測るチャート「アーティスト100 (Top 100)」の年間チャートで1位、米国アーティストとしては、2015年のテイラー・スイフト以来、ニューヨーク出身のアーティストとしては2010年のレディ・ガガ以来となる。

さらに、「シングル・チャート(Billboard Hot 100)」の年間チャートで2曲の楽曲がトップ10入り:「Sunflower(サンフラワー)」2位、「Wow. (ワオ)」5位。ポストは2018年のシングル年間チャートでも、2曲をトップ10入りさせており、2年連続のこの記録は、1958年から始まるビルボード・シングル・チャート史上、ソロ・アーティストとして初の偉業となった。

2年連続で「アーティスト100」と「シングル・チャート」の両方にランクインしたのはポスト・マローンのみ。昨年、今年のポスト・マローン以外で、両方のチャートにランクインしたのは1979年にドナ・サマー達成した以来となる。

■アルバム情報

Post Malone “Hollywood’s Bleeding”

ポスト・マローン『ハリウッズ・ブリーディング』

視聴・ストリーミング・購入はこちら

◎デジタル:配信中

◎日本盤CD 発売日:2019.10.9発売

品番:UICU-1313

価格:2,200円(+税)