沖縄の天気予報(12月7日)強い北風 曇りや雨で荒れる

©株式会社沖縄タイムス社

 沖縄本島地方は強い北東の風が吹いており、沿岸の海域はうねりを伴いしけています。しけや風の強い状態は7日にかけて続く見込みです。うねりを伴う高波や強風に十分注意してください。

 沖縄地方は、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気や気圧の谷の影響で雨が降っています。

 6日の沖縄地方は、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気や近海に発生する前線の影響で曇りや雨となり、荒れた天気となるでしょう。

 7日の沖縄地方は、前線や大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で曇りや雨となり、荒れた天気となる見込みです。

 沖縄地方では、北または北東の風が強く吹いており、与那国島地方では6日夜のはじめ頃から北の風が非常に強く見込みです。沖縄地方では、7日にかけて北東または北の強い風に十分注意してください。

 沖縄地方の沿岸の海域はうねりを伴い、八重山地方では大しけとなっています。宮古島地方ではしけており、6日夜のはじめ頃から大しけとなる見込みです。7日昼過ぎまでうねりを伴う高波に警戒してください。沖縄本島地方と大東島地方ではうねりを伴いしけています。7日にかけてうねりを伴う高波に十分注意してください。(12月6日16時33分 沖縄気象台発表)