見つけよう!自転車ルール違反(1)

©株式会社VOTE FOR

私たちの生活に便利な『自転車』。
気軽に利用できる一方で、最近では交通ルールやマナーに関する問題が多く取り上げられるようになりました。
この絵の中には自転車を使う上で特に注意したいルール違反が7つ潜んでいます。
あなたはいくつ見つけられますか。
→正解は本紙4面へ
※絵については、本紙1ページをご覧ください。

■大田区自転車条例※が1月1日から全面施行されます
※大田区自転車条例:大田区自転車等の適正利用及び自転車等駐車場整備に関する条例

スマートフォンのながら運転にヒヤッとした、自転車が盗まれた…。そんな経験はありませんか?こうした問題を解決するため、区は自転車条例を改正しました。交通事故と自転車盗難のない安全・安心なまちにしていきましょう。

【主な2つの改正点】
◇法令遵(じゅん)守(ながら運転禁止等)義務を追加《10月1日施行》
イヤホンやスマートフォンを利用しながらの運転や、傘を差しながらの運転をしてはいけません。道路交通法その他関係法令を遵守してください。

◇自転車の盗難防止措置義務を追加《令和2(2020)年1月1日施行》
盗難防止のために施錠などの対策を必ず取るようにしてください。

【なぜ条例が改正されたの?】
◇交通事故のうち、半数近くは自転車事故!
区内では、自転車が関係する交通事故が増加しており、交通事故全体に占める割合(令和元年)は9月の時点で46%を超えています。
歩行者が感じる自転車の危険行為の1位はスマートフォンを使用しながらの運転。イヤホン使用、傘差し運転にも多くの歩行者が危険を感じています※。
※平成27年区民アンケートより

◇都内で一番自転車が盗まれています!
区内の自転車盗難件数(令和元年)は9月の時点で1,494件と都内62区市町村でワースト1位。平成30年の盗難件数のうち59%は無施錠でした。特に「施錠しなくても平気だろう」と油断しがちな自宅敷地内で、無施錠の自転車が狙われています※。
※警視庁HPより