ドルトムント、ファブレ監督が語る!今冬に獲得したい選手とは?

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供:Gettyimages

ボルシア・ドルトムントのルシアン・ファブレ監督が、今冬に移籍市場で獲得したい選手について語った。6日、ドイツ紙『キッカー』が伝えている。

今季ドルトムントはスペイン代表FWパコ・アルカセルがアキレス腱炎やふくらはぎなどに複数の箇所に問題を抱えていることもあり、穴埋めに苦労している。それにより主将であるドイツ代表FWマルコ・ロイスが本職ではないポジションを担ってきた。今冬にはFW陣の補強を考えているようで、ユベントス所属の元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチや、チェルシー所属のフランス代表FWオリビエ・ジルーの獲得を目指していると報じられている。

その状況の中、5日に行われたプレス会見でファブレ監督は「得点、プレス、他選手との連携や深い位置へのポジショニングなど、すべてができる選手を求めている」と語っている。高身長も厭わないとのことだが、何れにせよ「冬の補強は難しい」と考えていることも事実のようだ。

現在、ドルトムントは13試合で6勝5分け2敗の23ポイントでブンデスリーガ5位につけている。同クラブは7日にホームでデュッセルドルフとの対戦を控えている。ここから巻き返すことはできるだろうか。