<レスリング>【2019年全日本選手権・特集(10)】国際舞台で実力養成の向井識起(自衛隊)が勝ち抜くか…男子グレコローマン82kg級

©公益財団法人日本レスリング協会

《大会要項》 《大会日程=各日の実施階級》


男子グレコローマン82kg級・展望(12月19~20日実施)

※エントリーに基づいた予想であり、直前の負傷等による戦力ダウンは勘案しておりません。

全日本V8の父に追いつけるか、向井識起(自衛隊)=撮影・矢吹建夫

 全日本選抜選手権優勝の岡嶋勇也は階級を変えた。同2位の向井識起(自衛隊)、同3位の田中真男(日体大)川村洋史(自衛隊)の中から優勝者が生まれるか。向井は世界ジュニア選手権とU23世界選手権に出場して国際舞台で実力アップをはかった。父・孝博は全日本選手権優勝8回、1984ロサンゼルス・1988年ソウル両オリンピック代表選手。

 全日本学生選手権3連覇の藤井達哉(青山学院大)がどこまで粘るか。全日本大学グレコローマン選手権77kg級優勝の林雷(日体大)が、東日本秋季学生選手権優勝の資格をもってこの階級にエントリー。全日本大学グレコローマン選手権2位の山﨑翔馬(九州共立大)とともに、上位へ食い込めるか。

(注)この階級はオリンピックでは実施されません。

《歴代優勝選手》男子フリースタイル / 男子グレコローマン / 女 子


2019年全日本選抜選手権 → クリック

 ▼決勝
岡嶋勇也(警視庁)○[Tフォール、3:33=9-0]●向井識起(自衛隊)

 ▼3位決定戦
田中真男(日体大)○[Tフォール、4:04=11-3]●佐々木雄大(明大)
川村洋史(自衛隊)○[7-5]●藤井達哉(青山学院大)


エントリー選手=15選手

※この階級の全日本選抜選手権1~3位以外はアイウエオ順

向井識起
田中真男
川村洋史
藤井達哉
林雷

 

山﨑翔馬

《2019年全日本選抜選手権2位》
向井 識起(むかい・さとき=自衛隊)
1999年12月23日生まれ、19歳。広島県出身。広島・広島国際学院高卒。178cm。2019年全日本社会人選手権優勝

《2019年全日本選抜選手権3位》
田中 真男(たなか・まさお=日体大)
1998年6月14日生まれ、21歳。和歌山県出身。奈良・天理教校学園高卒。180cm。2019年東日本学生春季選手権優勝

《2019年全日本選抜選手権3位》
川村 洋史(かわむら・ようじ=自衛隊)
1997年7月12日生まれ、22歳。静岡県出身。静岡・飛龍高卒。168cm。2018年全日本選手権2位

今村 太陽(いまむら・あさひ=福岡大)
1998年4月27日生まれ、21歳。福島県出身。東京・自由ヶ丘学園高卒。170cm。2019年全日本選抜選手権8位

加賀谷 庸一朗(かがや・よういちろう=和歌山県教育庁)
1992年2月7日生まれ、27歳。秋田県出身。秋田・秋田商高~国士舘大卒。180cm。2019年全日本社会人選手権2位

北川 幸一(きたがわ・こういち=松阪クラブ)
1982年8月27日生まれ、37歳。三重県出身。三重・松阪工高卒。169cm。2019年全日本社会人選手権3位

北村 公平(きたむら・こうへい=京都クラブ)
1991年7月21日生まれ、28歳。京都府出身。京都・京都八幡高~早大卒。169cm。2018年全日本選手権3位

佐々木 雄大(ささき・ゆうだい=明大)
1999年2月8日生まれ、20歳。千葉県出身。千葉・野田中央高卒。174cm。2019年全日本選抜選手権5位

谷口 空良(たにぐち・そら=青山学院大)
2000年1月21日生まれ、19歳。岐阜県出身。岐阜・高山西高卒。175cm。2019年全日本大学グレコローマン選手権3位

林 雷(はやし・らい=日体大)
1998年1月29日生まれ、21歳。山梨県出身。山梨・韮崎工高卒。172cm。2019年東日本学生選手権優勝

樋口 徹心(ひぐち・てっしん=日体大)
2001年2月6日生まれ、18歳。兵庫県出身。兵庫・神港学園高卒。171cm。2019年全日本学生選手権2位

藤井 達哉(ふじい・たつや=青山学院大)
1997年6月2日生まれ、22歳。滋賀県出身。滋賀・栗東高卒。171cm。2019年全日本選抜選手権5位

前川 侑介(まえかわ・ゆうすけ=近大)
1999年6月7日生まれ、20歳。富山県出身。富山・高岡向陵高卒。184cm。2019年西日本学生新人戦優勝

松﨑 勇人(まつざき・ゆうと=日体大)
1997年12月22日生まれ、21歳。宮崎県出身。宮崎・宮﨑工高卒。177cm。2019年全日本選抜選手権7位

山﨑 翔馬(やまさき・しょうま=九州共立大)
1999年1月8日生まれ、20歳。愛媛県出身。愛媛・八幡浜工高卒。169cm。2019年全日本大学グレコローマン選手権2位