~EXILE TRIBE男旅~和食に合う伝説のワイン「ナナツモリ」とは?

©北海道文化放送株式会社

今回の旅の舞台は、ワインの産地として全国的に評価される「余市・仁木エリア」。全国トップの評価を受けるワインに、他にはない、地元の料理との最高のマリアージュを堪能します♪

今回の旅のメンバーは、2年前からワインにハマっているEXILEのSHOKICHIと、そのSHOKICHIを尊敬してやまないTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのRIKU、そしてSHOKICHIの大学時代の親友、シンガーソングライターの佐藤広大。男3人で北のワイナリーを巡る旅へ出発です。

3人はまず、ワイナリーの盛り上がりを探るため、余市町の中心街へ。向かったのは、地元のワイナリーで生産された入手困難なワインの数々が揃う「中根酒店」。

余市・仁木エリアは、醸造用ブドウの一大産地でありながら、そのほとんどが他の地域でワインになっていたのです。しかしようやく2011年に「ワイン特区」に認定され、この土地のブドウにほれ込んだ人が移住し、ワイナリーが急増していったのです。
早速ご主人オススメのワインをテイスティング!

ピノ・ノワールやシャルドネなど、他の地域では栽培が難しい7品種のブドウをブレンドし、野生酵母で醸造している「モンガク谷2017(白)」を。

SHOKICHI:「白ワインでここまで複雑味を感じることはなかなか無い。フレッシュだけど、そのなかにいろんなジャンルが混じり合っている、なかなか飲んだことないな」

そして、無農薬で除草剤も一切使わず、天然酵母で自然発酵させている完全自然派ワイン、「トモ・ブラウンK2016(白)」も。

SHOKICHI:「マカロンみたいな、かわいい匂いがする。ジュースみたい甘さの中に辛味がある」

SHOKICHIが一番好きだという伝説のワイン、ドメーヌ タカヒコ「ナナツモリ」は、残念ながら店頭には並ばないんだそう。

SHOKICHI:「何年か前に寿司屋で『ナナツモリ』と出会ったんですよ。寿司の赤酢と赤ワインが最高にマリアージュして、こんな美味しい赤ワインがあるんだと思ったら地元ので…そこでファンになったんです。でも、全く買えないですね(笑)」

そんなSHOKICHIの熱い想いを聞いたご主人が案内してくれたのは、地下のワインセラー。そこにあったのは…。

年代順にズラッと並んだ「ナナツモリ」!生産本数が少なく、市場にはほとんど出回らない貴重な品です。

SHOKICHI:「これはテンション上がるわ~!いいな~」

なんと店主のご厚意で「ナナツモリ」をいただけることに!SHOKICHI念願の、そのお味は…?

SHOKICHI:「これだわ、一輪の花みたいな繊細さがある。余市のテロワールですね。地と人と天の恵みによってワインが完成するから、全部バラバラでストーリーがある、だから音楽とめちゃめちゃ通ずるんですよ。ワインを飲めば飲むほどロマンティックになるから、歌詞を書くときは絶対にワインを飲みます」

「ワインは音楽の勉強」と熱く語るSHOKICHIに、RIKUは「かっこよすぎます…!」と尊敬のまなざしで感動していました。

テイスティングを楽しんだ3人は、仁木町・旭台にある、今年の夏オープンしたばかりの大規模ワイナリー「NIKI Hills ヴィレッジ」へ。

ブドウ畑に囲まれた広大な敷地には、レストランや醸造所、地下貯蔵室、さらに宿泊施設もあり、1日中ワインを楽しむことができるんです。

このワイナリーは、ブドウ畑でワインづくりの過程を知り、そのワインが生まれる物語を知ることができ、さらにワインを深く楽しむことができるのです。

日本ソムリエ協会 名誉顧問 熱田貴さんも特別視する、余市・仁木のワイン産地としての土壌。フランス・ブルゴーニュの一流のワイナリーの畑と、土壌的には差はないんだそう。余市・仁木のワイン産地としての風土の魅力を知った3人は、収穫されて作られたワインをいただくことに。

ケルナーを使った白ワイン「HATSUYUKI2018(白)」、1年間熟成させたものです。

RIKU:「SHOKICHIさんがワインに2年前にハマって、ちゃんと知って飲もうという気持ちになる意味が分かりました。自分もちゃんと選別して飲んでみようかなと思います」

日も落ちたところで余市駅前のワインバー「Y’n」へ。ここは流通の少ない、余市・仁木のワインをグラスで味わえる数少ないお店です。ここでおすすめされた、地元ワインに合う料理、それは北海道民には朝ごはんでもおなじみの「バターごはん」に、余市産のたらこを乗せた逸品。北海道ならではのマリアージュです。そのお味は?

SHOKICHI:「これが北海道産ワインのすばらしいところ!フランス産とかだと、なかなかお米と合わない。でも、和食に合う繊細さが力強いワインの中にもあるんですよ」

ワインの魅力とマリアージュを存分に楽しめた3人、次回はどんな旅になるのでしょうか?

(2019年11月30日放送「EXILE TRIBE男旅」より)