情報なび「お知らせ」(2)

©株式会社VOTE FOR

■甲状腺検査を実施します
市は、放射能に対する不安軽減を目的として、福島第一原子力発電所の事故当時に0〜18歳だった方を対象に、甲状腺検査を実施しています。
日時:令和2年1月25日(土)、2月2日(日)午前10時〜午後1時
場所:今市保健福祉センター(平ケ崎)
対象:平成4年4月2日〜平成23年4月1日生まれの市民
費用:3、000円(生活保護法による被保護世帯の方は無料)
申込方法:12月20日(金)までに問合先へ電話

問合せ:健康課
【電話】0288-21-2756

■市不妊治療費助成・不育症治療費助成事業
市は、医療保険適用外の不妊症・不育症の検査および治療費の一部を助成しています。対象外の場合もありますので、詳しくはお問い合わせください。

【不妊治療費助成事業】
◇助成額
上限額15万円(治療合計額の2分の1の額、または15万円の少ない方の金額)
※県などの補助金を受けている場合は、合計額から差し引いて計算

◇申込方法
治療の終了日の属する年度の翌年度の末日までに、不妊治療費補助金交付申請書(申請書には市税および公共料金の納付状況に関する調査の同意書および医師の証明を記載する欄があります)、保険適用外の不妊症の検査および治療費用の領収書、「補助金等交付決定通知書」の写し(県などの補助金を受けている場合)、印鑑(交付申請書に押印する印鑑と同じもの)、健康保険証の写し(夫婦それぞれ必要)、通帳などの写し(口座番号などが分かるページ)を問合先へ提出
※交付申請書は問合先で配布の他、市ホームページからもダウンロード可

【不育症治療費助成事業】
◇助成額
上限額30万円

◇申込方法
治療の終了日の属する年度の翌年度の末日までに、不育症治療費補助金交付申請書、不育症治療内容証明書、市税および公共料金の納付状況に関する調査の同意書、保険適用外の不育症に関する検査および治療費用の領収書、「補助金等交付決定通知書」の写し(県などの補助金を受けている場合)、印鑑(交付申請書に押印する印鑑と同じもの)、「続柄」の記載のある住民票の写し(世帯用)、通帳などの写し(口座番号などが分かるページ)を問合先へ提出
※交付申請書と内容証明書、同意書は問合先で配布の他、市ホームページからもダウンロード可

【共通事項】
対象:不妊治療または不育症治療が必要と診断され治療を受けた方で、次の全てに該当する方
(1)夫婦ともに補助金申請日の1年前から日光市民である
(2)夫婦ともに医療保険の被保険者または被扶養者である
(3)夫婦ともに市税および公共料金を滞納していない
※申請は1年度当たり1回限り

問合せ:子育て支援課
【電話】0288-21-5101