スケート、吉永や林ら準決勝へ

ショートトラックW杯

©一般社団法人共同通信社

 スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)第4戦は6日、上海で行われ、男子1500メートルでは吉永一貴(中京大)と林伊吹(長野・地球環境高)、宮田将吾(大阪・大商大高)が準決勝に進んだ。女子1500メートルの菊池純礼(富士急)も準決勝に進出した。女子1000メートルでは平井亜実(中京大)が準々決勝に進んだ。男子5000メートルリレー、女子3000メートルリレー、混合の2000メートルリレーの日本は準決勝に進出した。(共同)