本のある生活。ご利用ください。坂井市の図書館

©株式会社VOTE FOR

◆「てぶくろ」
手袋は寒い季節の必需品ですね。今月は、手袋を楽しむ本を集めました

◇『てぶくろがいっぱい』
フローレンス・スロボドキン/文
ルイス・スロボドキン/絵
三原泉(みはらいずみ)/訳
【偕成社】
てぶくろを片方なくしたふたごのもとに、続々と落とし物のてぶくろが届けられます。ふたりの家には、てぶくろがいっぱい集まりました。いったいどうしたらいいのでしょう?心暖まるお話絵本。

◇『手袋でつくるてぶぐるみ』
笹川勇(ささがわいさむ)/著
【池田書店】
折り返す、引っぱる、結ぶ…。かんたんなプロセスで、手袋が動物や食べものに変身!大人も子どもも楽しめる「てぶぐるみ」のつくり方をプロセス写真付きで紹介します。

◇『スウェーデンから届いたニット』
アンマリー・ニルソン/著
佐藤園子(さとうそのこ)/訳
【日本放送出版協会】
ぼうし、手ぶくろ、リストウォーマー、くつ下、足首ウォーマー…。スウェーデン出身のテキスタイル・デザイナー、アンマリー・ニルソンがデザインした、流行に左右されない北欧テイストの棒針編み小物53点を紹介。

◇『赤い手袋の奇跡ギデオンの贈りもの』
カレン・キングズベリー/著
小沢瑞穂(おざわみずほ)/訳
【集英社】
「クリスマスの奇跡は、それを信じる人に起きる」そう聞かされた白血病の少女の願いは、人生に絶望したホームレスの男に信じる気持ちを取り戻してもらうことだった。奇跡を呼ぶ感動のクリスマス・ストーリー。

◆おすすめ図書
4館どこででも借りられます。

◇一般書
■奇書の世界史
三崎律日(みさきりつか)

■結果もスピードも手に入る神速スマホ仕事術
岡田充弘(おかだみつひろ)

■なぜ僕らは、こんな働き方を止められないのか
松井博(まついひろし)

■地図帳の深読み
今尾恵介(いまおけいすけ)

■子どもの目を良くする親、悪くする親
平松類(ひらまつるい)

■超すぐやる!
菅原洋平(すがわらようへい)

■ようこそ「料理が苦痛」な人の料理教室へ
本多理恵子(ほんだりえこ)

■犬と猫どっちが最強か決めようじゃないか
今泉忠明(いまいずみただあき)

■犬
赤松利市(あかまつりいち)

■愚か者の身分
西尾潤(にしおじゅん)

■彼女たちの犯罪
横関大(よこぜきだい)

■小箱
小川洋子(おがわようこ)

■祝祭と予感
恩田陸(おんだりく)

■天保十四年のキャリーオーバー
五十嵐貴久(いがらしたかひさ)

■ゆゆのつづき
高楼方子(たかどのほうこ)

■迷いながら生きていく
五木寛之(いつきひろゆき)

■私は幽霊を見ない

児童書 藤野可織(ふじのかおり)
■ニュースからくらしまで絵と新聞でわかる平成時代
理論社

■考える力を育てるはじめてのゆびあみ
日本ヴォーグ社

■巨大空港
鎌田歩(かまたあゆみ)

◆ご利用ください。坂井市の図書館
・三国図書館
【電話】0776-81-2900
【FAX】0776-81-2198

・丸岡図書館
【電話】0776-67-1500
【FAX】0776-67-1501

・春江図書館
【電話】0776-51-8810
【FAX】0776-51-8815

・坂井図書館
【電話】0776-67-2666
【FAX】0776-67-2699

◇12月の休館日
・2
・5
・9
・16
・23
・29
・30
・31

※休館日は全館共通

◇お知らせ
親子で「おはなし会」に来ませんか?
どの館のおはなし会も毎週土曜日11時からです。
ぜひ遊びにきてくださいね!

※図書購入費の一部には、「ボートレース三国の収益金」が使われています