渡辺美奈代“港区の大豪邸”に仰天!「こんなとこ住める芸能界って…」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)Wpadington / Shutterstock

タレントの渡辺美奈代が、12月3日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)で自宅を公開。視聴者から「こんな豪邸に住めるのか」などと、驚きの声が上がった。

この日の番組は芸能人の自宅訪問企画を行い、『ホンジャマカ』の石塚英彦が東京・港区でロケを敢行。出演者・視聴者は家主が誰かを当てるクイズ形式のため、渡辺の自宅であることは隠されながらVTRが進行していった。外観は映せないが、渡辺の自宅は港区の閑静な通りにあるマンションとのこと。石塚がインターホンを押すと中からは市來玲奈アナウンサーが現れ、案内役として部屋の中を紹介していく。

部屋は285平米の4SLDKというとてつもない広さで、34畳を誇るリビングには石塚も思わず仰天。また、白を基調とした高級そうな家具がそこかしこに並び、天井からはシャンデリアも下がった、いかにもな〝豪邸〟といった雰囲気にスタジオも驚きに包まれていった。

 

あまりのブルジョアぶりに驚きが…

正解発表になると、渡辺は2匹のトイプードルを抱えながら登場し、その姿はもはや〝マダム〟そのもの。あまりのブルジョアぶりにスタジオは驚きを隠し切れず、ネット上にも、

《港区にこの広さのマンションっていくらくらいすんだろ》
《お金とセンスがあったらこういう部屋にしてみたい》
《すげーとこ住んでんだな》
《アグネスチャンの豪邸みたい》
《渡辺美奈代クラスで、こんなところ住める芸能界の謎》

などと、驚きが広がっていった。

「渡辺は自身や息子が所属する個人事務所の社長を自らが務めています。さらに、自身のセレクトショップを開業している他、元実業家の旦那とともに輸入家具の販売も手掛けており、タレント業以外での収入がかなり多いようですね。日本ではお目にかかれない高級家具の数々も、輸入・販売を手掛ける中で築いたルートを通じ、自宅用として買い付けているのだと思います」(芸能記者)

タレントとして全盛期を過ぎても、まだまだ稼ぐアテはあるようだ。

 

【画像】

Wpadington / Shutterstock