香林坊で酒を飲むわけだが

©エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社

さて金沢・香林坊で飲む一軒目は有名なおでん屋「大関」。どんなだか。

入ると長いカウンターが印象的。まだ6時前なので席はまばら。しかし入った瞬間に
やたらに貫禄のある女将さんから「予約はありますか?」と聞かれる。俺はひとり酒
のときは予約はしない。さらにこういう大衆酒場でおでんでしょw んでまだガラガラw

一番はじっこに座る。はじでいいんですけど、なんか人気店のせいかお高い雰囲気。
酒は大関のみ。ちなみに鼻につく気取った店で高級な酒を飲むより、気持ちのいい
店で安い酒を飲むほうが好きだ。しかしここの酒はどうも俺には合わないようだ。
お燗一本だけで早々に出ることにした。どんどん客が入ってくるので、それでいい。

前に入ったことのある「五郎八」に行く。おでん屋に寄って出遅れたもんだから、
入り口に「ただいま満席」なんて札が出てやがる。こりゃ失敗だ。。。

こういうときを考えて、ホテルは繁華街からすぐがいいのだ。ま、酔っ払って道に
迷ったり、寒くて遭難(!)しかかったのも一度や二度ではないので、知恵がついた
っつ~か~♪ というわけで、一旦ホテルに帰って出直し。

2時間ほど経ってから行ってみると、やっぱり座れました(^益^)b

これはたしか三陸から取り寄せた牡蠣だったな。日本海に来てるっつーのにね。

梅貝。こりゃあこっちでは旨いぞー。

地酒を次々に試す。これでないとなあ~! ちなみに、私の隣にはうら若き女性が
ひとりで座っていました。注文したものは食べ終わったらしく、酒も飲んでないようで、
スマホをずっといじっていました。これがまた長い時間やっているもんだから、居酒屋の
カウンターでずっと飲み食いせずにスマホをやっているのは店に対して失礼じゃないかな、
と思っていたら、あるとき店員に「ちょっとお茶漬け来ないんですけど!」と怒りを
押し殺した声を出していました。。。 無事食べていなくなったよ^^;
俺に話しかけたいって気にはならなかったのねw

左手前は「ぶり味噌」だったか。これが旨い。酒が進むというか、どんどん飲まずには
いられない逸品ですよ。これで2~3本飲んじまうので、ホタルイカの黒づくりは
注文できなくなった。それいったらさらに2~3本追加になっちまうw

いつの間にか、横には誰もいなくなったw

お燗、冷酒、お燗、冷酒、幸せ昇天もののスパイラル。なんか順番に地酒を制覇した
なあ。何本飲んだかわからない。支払いの記憶もない。明日は富山で飲むぞー。