円山「ル・ミトロン 食パン 札幌円山店」富士山の溶岩窯で焼いています!

©株式会社サンケイリビング新聞社

「まるやまいちば」があった近くに…

古き良き時代の象徴だった「まるやまいちば」が2010年に閉鎖した後、替わってマンションや商店が立ち並ぶその中に2019年7月「ル・ミトロン 食パン 札幌円山店」がオープンしました。

横浜のおいしいパン屋として名を馳せている「ル・ミトロン」!

食パン専門店として北海道に初上陸です!

出典:リビング札幌Web
出典:リビング札幌Web

「ル・ミトロン」てどんなパン屋?

今、食パンをメインに販売しているパン屋がとても増えています。

札幌市内にも老舗だったり、高級パンを看板にしていたりと、さまざまなパン屋がある中、「ル・ミトロン」(フランス語で『パン屋の小僧』)は商品を1本1斤で焼いているのが特徴です。

短い時間で焼き上げることができて中がしっとり仕上がる上、1本ままならば断面を露出しない状態なので、時間が経ってもパサパサになることなくもっちり感が長続きする食パンになるのだそうです。

ただし、レーズンとチーズとあんこの3種類は一度に作れる量が少ないため、ハーフに切ってより多くの顧客に提供しています。

リピーターが確実に増えている店には、どんなパンが並べられているのでしょう?

こんなパン達がお待ちしています

【角食パン】

出典:リビング札幌Web
出典:リビング札幌Web

看板商品の角食パン。

「m」の焼き印がゆるぎない自信の証です。

しっとりもっちりした食感と味は一度召し上がれば納得できるはず。

【山型食パン】

出典:リビング札幌Web
出典:リビング札幌Web

表はカリカリ、中はサクサクフワッとした山型食パンはトーストがピッタリかも。

熱々のカフェラテを飲みながら食べたいパン、と思ってしまいました。

【レーズン食パン】

出典:リビング札幌Web
出典:リビング札幌Web

ご覧ください、ぎっしり詰まったレーズンを!

とてもたくさんのレーズンを入れたので、重いパンになりました。

焼いてもそのままでも、ホントにおいしい!

【チーズ食パン】

出典:リビング札幌Web
出典:リビング札幌Web

チェダーチーズとプロセスチーズを8㎜の角切りにして練り込んでいます。

朝の食卓でももちろんおいしいのですが、ワインなどと一緒に頂くとグッとオトナの味になります。

【小倉あんこ食パン】

出典:リビング札幌Web

十勝の小倉粒あんはあっさりした甘味で、渋めの緑茶など、日本茶とピッタリかもしれません。

和菓子のような感覚で頂けます。

おいしい食パン生地がベースなので、もちろん味は最高です。

併せて「ル・ミトロン」のパンによく合うジャムも店頭に並んでいます。

長野県で作られており、原材料はくだものとハチミツのみ。ペクチンなどを一切使わない無添加の商品です。

このジャム、都内の超有名高級スーパーでも売られていて、味と質の高さは折り紙付きです。

出典:リビング札幌Web
出典:リビング札幌Web

私が今回初めて見たのは「ローズヒップジャム」。

バラの香りと適度な酸味は紅茶に入れてもおいしいそうです。

このジャム、女子力を上げてくれるかも!

どんな方がどんなふうに作っているの?

出典:リビング札幌Web

オーナーの丸山雅司さん。

食品会社を定年退職してからパン作りの修業をし、開店に至りました。

「淡々と毎日同じ味、値段以上の高品質な商品を提供することでお客様とのつながりを作り、多くの方々にリピーターになって頂けたらと思います。どうぞ一度、味わってください」

愚直ともいえるその姿勢が顧客に届き、近くの住人達はもちろん、遠くは羅臼、稚内、旭川、帯広から買い求める人もいるのは、おいしさの証なのでしょう。

店を休むことでせっかく遠くから来てくれるお客をがっかりさせたくないと、当分はほぼ無休で営業する予定だそうです。

出典:リビング札幌Web

原材料を店頭に明記しています。

出典:リビング札幌Web

パンはなんと!富士山の溶岩で作られた窯で焼かれています!

日本一の富士山の溶岩で作られた窯で焼かれるパン、おいしいはずです。

まずは「キホン」の角食パンから味わってみてはいかがでしょうか?

決して華やかでもなくバラエティー豊かでもありませんが「ル・ミトロン」のパンの正直でまじめなおいしさは、パンの味がよく分かる人達の舌を十分納得させてくれると確信しました。

◎ル・ミトロン 食パン 札幌円山店

住所:札幌市中央区大通西24丁目1-30

第5長寿庵ビル1F

電話番号:011-699-5711

定休日:不定休

営業時間:10:00~19:00(無くなり次第、営業終了)