みんな“にゃかま” 地域猫保護啓発フェスが横須賀で

©株式会社神奈川新聞社

猫フェスで販売される「ぬくもりcafeなないろ」の猫クッキー(横須賀猫部提供)

 地域猫の保護活動などに取り組む横須賀市の市民団体「横須賀猫部」は8日、同市米が浜通のむらせビルで、啓発イベント「猫フェス」を開催する。代表者は「猫を地域に愛される存在にしたい」と話している。

 同団体は昨年秋に発足。11人の部員が地域猫の避妊手術や猫用トイレの設置などを続けており、活動を周知しようと今年7、10月に猫フェスを開催してきた。3回目の今回は、保護した猫が育つ様子や同団体の活動をパネルで紹介。母親らが手作りした猫のアクセサリーや「ぬくもりcafeなないろ」(同市上町)で働く障害者らが作った猫クッキーを販売する。

 代表の平賀加代子さんは地域猫の保護について「野良猫問題の解決だけでなく、命の大切さを知るきっかけになる」とし、「一緒に活動する『にゃかま』(仲間)も募集中」と来場を呼び掛けている。

 入場無料、午前10時から午後3時まで。問い合わせは、平賀さん電話080(3485)0715。