サンジの像、益城町で除幕 熊本県庁のルフィに続き

©株式会社熊本日日新聞社

除幕されたサンジ像の前で記念撮影するファンら=7日午後、益城町交流情報センターミナテラスの広場(後藤仁孝)

 人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」に登場する料理人「サンジ」の等身大の銅像が7日、熊本県益城町木山の町交流情報センターミナテラスの広場にお目見えした。

 像は高さ180センチ。料理が載った皿を左手で掲げるポーズを取っており、作者の尾田栄一郎氏(熊本市出身)が監修した。  キャラクター像は昨年11月、県庁プロムナードに設置された海賊王を目指す主人公ルフィに続いて2体目。

 県などによる熊本地震からの復興プロジェクトで、サンジを含め、ルフィの仲間の像8体を2021年3月までに8市町村に据える。19年度に設置予定の4体分の制作費は約4千万円。

 除幕式で、西村博則町長は「復興に向けて力強い仲間を得た。多くの町民に勇気と希望を与えてくれる」とあいさつした。

 8日午後1時半からは阿蘇市のJR阿蘇駅前で狙撃手の「ウソップ」像の除幕式がある。(立石真一)

(2019年12月8日付 熊本日日新聞朝刊掲載)