まちの話題

©株式会社VOTE FOR

■市民の山ってどんなところ?
「境港市民の山」散策ツアー

市が日南町阿毘縁(あびれ)に所有する境港市民の山について市民の皆さんに知っていただくため、9月29日(日)に「境港市民の山」散策ツアーを開催しました。
16人の参加者は市民の山の意義や歴史、現状等について説明を受けながら、林道往復約2kmを散策しました。
参加者からは実際に山を歩き日南町の山々に触れ合うことで、普段平地に暮らす私たちが受けている山や木の恩恵、そして山を守り育てることの大切さを学ぶよい機会となった、といった感想が寄せられました。

■万が一に備えて
原子力防災訓練を実施

原子力防災訓練を11月8日(金)から10日(日)の3日間に渡り行いました。今年度は、国、2県6市と関係機関により、地震および原子力事故による複合災害を想定し、住民避難訓練等のほか、災害時に境港市の行政機能を鳥取県庁講堂に移転する訓練を初めて行いました。
訓練では、県職員と移転に関する意見交換を行い、また鳥取県庁講堂と境港市の対策本部をTV会議で接続して連絡会議を開催する等、災害時の市行政機能の移転手順を確認しました。