市議会だより 第81号-4 一般質問等

©株式会社VOTE FOR

◆《地域医療体制の重要性について》
◎水野正彦議員

問:私は2月に急な病で倒れ地域医療機関の重要性を強く感じた。特に救急医療体制の大切さが身にしみたが、市が地域医療機関と連携し、医師確保等に力を入れ取り組んでいる現状をお聞きしたい。
答:地域の中核医療施設である日赤病院では、医師が5名増え28名体制となり、また医師2名体制の救急科開設によって、救急患者の受け入れが30年度には2600名も増え、地域の安心安全の充実が図られている。また、市では現在6名の医学生に奨学金を貸与し、将来の医師確保の支援を実施している。

◇バリアフリー化等の実態
問:今まで無関心でいたバリアフリー化の大切さと障がい者でも外に出歩けるマップの必要性を感じる身になった。市の取組みをお聞きしたい。
答:県の福祉のまちづくり条例や、交通バリアフリー法等によって改善が図られてきている現実だが、さらに改善に取り組みたい。マップについては今後関係者のご意見をお聞きし検討して参りたい。

◆《提言「飯山市未来会議の創設」》
◎市川久芳議員

◇未来を考えなくてよいのか
問:少子化対策も含め、人口一万五千人、一万人になってもこの地域で生活するには今何をすべきか行政・議会・市民とで真剣に考える「崖っぷち」にあると思うが会議を立ち上げる気があるのか。
答:考えないとは言っていないが今までさまざまな会議を設けてきた。会議が総論では限界がある。提案のみで傍観的な会議であってはならないと考えている。飯山塾とか他にもあり、その中で当市の未来を考えていきたいと考えている。市長として未来を考えていない訳ではない。

◇水門設置の調査について
問:木島地区を水害から守るには、千曲川と樽川との合流罹災点付近へ逆流を防止する水門設置が不可欠と考え木島平村長とも会っている。ぜひ、建設に向けての調査費を関係する行政機関へ要望できないか。
答:千曲川と樽川の合流点処理は、千曲川本線のバックウォーターの影響が生じる区間について考慮した計画どおりの築堤が整備されている。

■《議会活性化特別委員会 議会のあり方分科会》
10月2日に第4回議会あり方分科会を開催し、第3回までの協議で実施に向け検討することとした5項目について次のとおり協議した。

(1)本会議における質疑について
・一般質問の議論向上を目差し、議案上程後、直ちに質疑を行なう方向で検討することとした。

(2)議員協議会のあり方について
・市長部局が出席する場合を議会全員協議会とし、それ以外を議員全員協議会と使い分け、テーマを決めて議論することは「議員間討議」とし、全協のあり方は協議の結果現状どおりとすることとした。

(3)予算・決算委員会と他の常任委員会の兼合いについて
・予算決算案を各常任委員会に分割付託していた方式を、議員全員で審査する常任委員会制にし、さらに分科会方式にしてきたが、議論を活発するため見直しの必要性があるので、さらに検討することとした。

(4)議員間討議について
・広報公聴分科会との整合性において、市民から出される課題について議員間で討議する必要性が出てくると考え
られるので、今後も継続し検討していくこととした。

(5)その他
・一般質問の議論が深まるように、質問通告時の議員の説明の見直しと研修の必要性について議論された。

■《令和元年12月定例会》
会期日程(予定)

◆招集・議案上程
・12月3日(火)

◆一般質問
・12月11日(水)〜13日(金)

◆各常任委員会審査
・12月16日(月)〜17日(火)

◆委員長報告・採決
・12月20日(金)

■《議会を傍聴しませんか!!》
市政を知る良い機会です。議会傍聴にお出かけください。議場は市役所5階です。傍聴席入口からお入りください。本会議はiネットでも放映しています。過去の会議録は市議会ホームページから検索できます。

市議会だより第81号
R元.11.15発行
編集:議会だより編集委員会
【電話】0269-62-3111
【FAX】0269-62-0005
【HP】http://www.city.iiyama.nagano.jp/soshiki/gikai/
【E-mail】gikai@city.iiyama.nagano.jp