【女子プロ野球】加藤優らが質問タイムで知られざる素顔を披露 「好みのタイプ」は?

©株式会社Creative2

「Talk show with 6 players」で行われたトークショーは盛り上がりを見せた【写真:編集部】

今季限りで女子プロ野球から退団6選手が登場した

 女子プロ野球から今季限りでの退団を発表した6選手が7日、ベースボール・コンディショニング主催の「Talk show with 6 players」(静岡県三島市)に登場。元埼玉アストライアの加藤優外野手、磯崎由加里投手、谷山莉奈投手、元愛知ディオーネの岩見香枝内野手、榊原梨奈外野手、前田桜茄外野手が参加した。

 榊原をMCに始まった第3部は質問タイムに。「野球選手じゃなければなりたかったもの」を聞かれ、第1部で美声を披露していた前田は「シンガー。七夕の時は『シンガーになりたい』と『家族が健康で』の2つを書いていた」と回答した。

 加藤は「野鳥の会」と珍しい回答。「小学生の頃は野鳥探検の会に入っていて、実はその辺にいる鳥とか(種類が)分かる」と意外な特技を明かした。榊原は「体操選手」、谷山は「ラーメン屋」、磯崎は「美容系、エステティシャン」、岩見は「サッカー選手、海外進出」と回答した。

 さらに「好みのタイプ」に質問が及び、磯崎は「背が高くて180センチある、優しい、スポーツマン」と答えると「最近デートした人?」と前田からツッコミが。磯崎はそんなツッコミにも飄々とした表情で「うーん、この中で180センチ以上ある人?」と会場を沸かせた。

 加藤は「一途で塩顔の人」、岩見は「さりげない気遣いができる人」、前田は「無邪気な人」と答えた。谷山は「干渉しすぎない人、投げ方が普通の人。キャッチボールの時に『ちょっとやだ』ってなるかも」と一風変わったポイントを挙げていた。

 さらに趣味を聞かれた加藤は「包丁研ぎ」と驚きの回答をし、会場がざわめく場面も。これまでも自身のインスタグラムで包丁の写真をアップするなどしていた加藤は「精神統一になってすごくいい」とファンにおすすめしていた。

 トークショーでは5人が思い思いの“おさかなばら(榊原)”の似顔絵を書く場面も。会場は終始、笑いに包まれていた。(臼井杏奈 / Anna Usui)