冬季を迎える前に

©株式会社VOTE FOR

12月になり、これから寒い時期を迎えます。水道管の凍結や火災、交通事故などに十分注意し、安全に冬を過ごしましょう。

◆水道管の凍結対策をしましょう
近年、家庭の水道管の凍結や凍結破損事故が多数発生しています。凍結は、予防措置を確実に行うことで多くの場合避けることができます。

●こんなときは注意!
・気温が氷点下4度以下になるとき
・家を留守にする場合や、空き家を所有
・管理する場合で、長時間水道を使用しないとき

●凍結で水が出なくなったときは
・自然解凍または水道管にタオルなどを巻き、ゆっくりとぬるま湯をかけてください。

●凍結を防ぐには
・水道管を保温材で巻くなど適切な保温対策をしましょう。
・就寝前に蛇口から水が糸を引く程度流しておくと、水道管が凍りにくくなります。バケツなどにためおき、洗濯などにご利用ください。
※蛇口や水道管が破裂する恐れがあるので、熱湯はかけないでください。

◆漏水の確認方法と対処方法について
家の全ての蛇口がキチンと閉まり、どこも水道を使っていない状態で水道メーターのパイロットが回転している場合は、宅地側(管や器具など)で漏水の可能性があります。メーターボックス内の止水栓を閉めて、市指定の給水装置工事事業者(※1)に漏水修理を依頼してください。

※1.市ホームページ内「指定給水装置工事事業者」で検索、または氷見管工事業協同組合で確認することができます。
【電話】0766-91-8123

●メーターボックス付近の除雪・清掃をお願いします。
漏水は水道メーターの指数の異常により発見できる場合があります。

※積雪などでメーター検針ができない場合は、過去の使用実績を参考に、使用水量を決めること(認定)になり、翌月以降で料金の調整をさせていただくことがあります。

《凍結予防》
・水道管を保温材などで巻く
・蛇口から水が糸を引く程度流しておく

《漏水の確認と対処》
・パイロットの確認
・止水栓を止める

《注意!!》
・北側など日の当たらない場所や風当たりが強い場所のむきだしの水道管、普段使わない蛇口などは、凍結しやすく注意が必要です!
・凍結したときに、無理に蛇口を開け閉めすると蛇口が破損する恐れがあります。
・凍結したときに蛇口を開けたまま放置すると、凍結が解消したときに水が出しっぱなしになってしまいますので注意してください。

※漏水の修理費や水の料金は利用者負担となります。漏水の状況によっては、料金を軽減できる場合もあります。

詳しくは、上下水道課までお問い合わせください。

問合せ:上下水道課
【電話】0766-74-8206
【電話】0766-74-8209

◆簡易専用水道などを正しく管理しましょう
受水槽(水道水をためるタンク)を設置している場合、水道法に基づく適切な管理をしなければなりません。
(1)年に1回以上の検査
年に1回以上、法定検査を受けてください(有効容量が10立方メートル以下の受水槽を除く)。
※検査は、厚生労働大臣の登録検査機関が行います。

(2)水槽の清掃
年に1回以上、定期的に受水槽などを清掃し、いつも清潔な状態を保つようにしてください。

(3)施設の点検
有害物や汚水などによって飲料水が汚染されないように、受水槽や高置水槽、給水ポンプなどの点検を定期的に行ってください。

(4)水質の管理
常に水の色や濁り、味、臭いなどに注意し、異常があれば水質検査を実施してください。

※飲料水に異常があった場合は、給水をすぐに停止し、利用者に状況を知らせ、速やかに上下水道課に連絡してください。

問合せ:上下水道課
【電話】0766-74-8208

◆灯油の流出事故を防ぎましょう
冬季には、給油時の不注意による家庭用灯油タンクからの油の流出事故が多発します。油の流出による火災や河川汚染などの被害を防ぐため、次の点に注意しましょう。
・灯油を給油するときは、絶対にその場を離れない
・家庭用灯油タンクの腐食や破損、亀裂に注意する
・家庭用灯油タンクのバルブの緩みや閉め忘れに注意する
・積雪時の配管付近の除雪は注意して行う

問合せ:
・環境防犯課
【電話】0766-74-8065
・消防署
【電話】0766-74-8300

◆年末の交通安全県民運動
期間:12月11日(水)~20日(金)
スローガン:「ゆっくり走ろう 雪のふる里 北陸路」
重点:
(1)夕暮れ時と夜間の交通事故防止
(2)飲酒運転の根絶
(3)全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
(4)歩行者の安全確保と「ながら運転」禁止の徹底

問合せ:環境防犯課
【電話】0766-74-8068

◆歳末消防警戒
期間:12月21日(土)~28日(土)
年末の多忙な時期を迎え、暖房器具や火の取り扱いがおろそかになり、火災の発生が心配されます。
市民の皆さんの防火意識の高揚と火災の発生を未然に防止するため、火災予防広報や予防査察などの「歳末消防警戒」を実施します。
また、29日(日)から31日(火)まで「歳末特別警戒」として市内の防火巡回にあたります。

問合せ:消防署
【電話】0766-74-8300