原監督と「グータッチ」 高橋・大野・槇原・村田さんら往年の巨人名選手が指導 沖縄で野球教室

©株式会社沖縄タイムス社

巨人の原辰徳監督(左から2人目)が見守る中、高橋由伸前監督(中央)が子どもたちにバッティングの練習方法を教える=7日、那覇市・沖縄セルラーパーク那覇

 プロ野球巨人の原辰徳監督(61)や前監督の高橋由伸さん(44)らを講師に招いた野球教室「ファンケル キッズベースボール 2019」(報知新聞社主催)が7日、沖縄県那覇市の沖縄セルラーパーク那覇で開かれた。

 市内を中心に29チーム496人の小学生が参加。ボールの握りやグラブさばき、走塁などの指導を受けた。

 打撃指導では、高橋さんや県出身の大野倫さん(46)が模範スイングを披露。大飛球の連発に子どもたちは「オォー」と歓声を上げた。原監督も子どもと「グータッチ」で応えていた。

 槙原寛己さん(56)から投球フォームをアドバイスされた上間小6年のウォーターズ真佳さん(11)は「球の伸びがよくなった」とうれしそう。村田真一さん(56)から捕手の心構えを教わった金城小5年の上原琉空さん(10)は「進塁させない姿勢など勉強になった。将来はソフトバンクでプレーしたい」とほほ笑んだ。

 また、首里城再建に向けた支援金として、ファンケルの池森賢二会長から城間幹子市長に300万円が贈られた。