Sasebo Expo 市民、米軍関係者ら200人 国際交流

皿回しや折り紙など体験

©株式会社長崎新聞社

皿回しを体験する参加者=佐世保市民文化ホール

 日本人と外国人がさまざまな体験を通して交流を深める「Sasebo Expo」が7日、長崎県佐世保市平瀬町の市民文化ホールであった。
 官民連携で取り組む「英語で交わるまちSASEBOプロジェクト」の一環で、昨年から開き5回目。市民や米海軍佐世保基地の関係者ら約200人が参加した。
 会場には皿回しや佐世保独楽(こま)の絵付け、折り紙、書道、琴の演奏など11の体験ブースが並んだ。参加者は英語や日本語、ジェスチャーを交えながら交流を楽しんだ。
 基地内のサセボエレメンタリースクール6年のモント・エレンさん(12)は「楽しそうだったので初めて参加した。皿回しは、失敗すると皿が落ちてきて怖かったけど、回せたときはうれしかった」と笑みを浮かべた。