73歳男性死亡 軽乗用車にはねられ、頭など強く打つ 現場は見通しの良い直線道路/狭山

©株式会社埼玉新聞社

狭山署=埼玉県狭山市稲荷山

 6日午後5時40分ごろ、埼玉県狭山市堀兼の市道で、同市堀兼、職業不詳鶴見和男さん(73)が軽乗用車にはねられ、頭などを強く打ち搬送先の病院で死亡が確認された。狭山署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、軽乗用車の日高市田木、看護師(43)を現行犯逮捕、同致死に切り替えて事故原因を調べる。

 同署によると、現場は見通しの良い直線道路。車が直進中、前方にいた鶴見さんをはねた。事故後、看護師が119番した。「ぶつかったことは間違いない」と供述しているという。