浦和、G大阪に競り負け2―3 今季14位で終了 大槻監督もチーム立て直せず、4年ぶり無冠

©株式会社埼玉新聞社

 明治安田J1は7日に各地で最終節が行われ、浦和は埼玉スタジアムでG大阪と対戦し、2―3で競り負けた。9勝10分け15敗の14位で今季のリーグ戦を終え、2桁順位でのシーズン終了は2011年以来、8年ぶり。

 前半9分に逆襲から宇佐美のゴールで先制を許した浦和は、後半17分に柏木のFKで一時は同点としたものの、2分後にアデミウソンのゴールで勝ち越され、同43分には3点目を献上。同45分にファブリシオのゴールで追い上げたが、及ばなかった。

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)とリーグの2冠を目標に掲げた今季は、5月に成績不振でオリベイラ前監督を解任。後任の大槻監督もチームを立て直せず、4年ぶりの無冠に終わった。