目標狙ってころころ 滑川市民交流プラザでボッチャ体験 

©株式会社北日本新聞社

狙いを定めてボールを転がす子どもたち

 滑川市社会福祉協議会と滑川ライオンズクラブは7日、市民交流プラザで地域カフェたんぽぽを開き、市内の小学生20人がボッチャを体験した。

 児童は県障がい者スポーツ指導者協議会(富山市)の小島之弘会長らの指導を受け、通常の半分の大きさのコートでプレー。力を加減しながらボールを転がし、どれだけ目標に近づけるかを競った。フルーツパフェ作りやビンゴ大会もあり、楽しく交流した。