鷹リチャード、楽天村林、阪神片山… アジアWLで躍動中、各球団期待の星は?

©株式会社Creative2

楽天・村林 一輝【写真:荒川祐史】

楽天の村林は首位打者、ソフトバンクの砂川リチャードは本塁打&打点の2冠

 現在、台湾で開催されているアジアウインターリーグ。NPBからはソフトバンク、西武、楽天、オリックス、ヤクルトのNPBレッド、巨人、ロッテ、DeNA、阪神、中日のNPBホワイトの2チームが参戦している。この2チームに加え、日本の社会人選抜、韓国プロ野球選抜、台湾プロ野球選抜、そして、川崎宗則内野手が在籍する味全ドラゴンズの6チームが行われている。

 現在、全チーム11試合ずつを消化し、残りは4試合となっている。かつては中日の高橋周平内野手や巨人の岡本和真内野手、阪神の青柳晃洋投手、オリックスの吉田正尚外野手らが参戦し、その後のブレークへの足がかりとなった大会でもある。

 この若手の登竜門とも言えるアジアウインターリーグ。今季のここまでの成績から、来季のブレークに期待したい各球団の若手選手を見ていってみよう。まずは打者だ。

○村林一輝(楽天)
 目下、打率.429のハイアベレージを残して首位打者をひた走る村林。2015年のドラフト7位で入団すると、今季は1軍でキャリア最多となる49試合に出場した。遊撃手として期待されており、今後の飛躍が楽しみだ。

○砂川リチャード(ソフトバンク)
 ここまで3本塁打16打点で2冠王となっている。2017年の育成ドラフト3巡目で入団。まだ育成選手ながら、王貞治球団会長も期待を寄せ、そのパワーは先輩の柳田悠岐外野手と比較されるほど。打率も.356と高い数字を残している。

西武川越は昨季オフに野手転向、中日根尾は二塁手や外野手にも挑戦中

○川越誠司(西武)
 打率.361、2本塁打、14打点と打撃成績でいずれも上位に位置している川越。2015年のドラフト2位で西武に入団したが、当時は投手。昨季まで投手としてプレーしていたが、昨年の秋季教育リーグから「外野手」となった。イースタン・リーグでは打率.214だったが、成長を感じさせている。

○山野辺翔(西武)
 規定打席には達していないが、ここまで打率.419、出塁率.471、2本塁打8打点と好成績を残す。2018年のドラフト3位で入団。社会人出身の即戦力ルーキーとして期待されたが、ルーキーイヤーは1軍9試合の出場にとどまった。ただ、台湾では2本塁打のほか、二塁打4本、三塁打2本と長打を量産しており、長打率が.871となっている。

○根尾昂(中日)
 2018年のドラフトで4球団が競合したゴールデンルーキー。ここまで全11試合に出場して打率.300と、まずまずの打撃成績を残している。注目すべきは守備面。ウエスタン・リーグではほぼ遊撃手に専念(1試合だけ三塁手で出場)していたが、台湾では遊撃手以外に二塁手、右翼手、中堅手をこなしている。

○山下航汰(巨人)
 ここまで7試合と出場試合は少ないものの、打率.360の高打率を残す。2018年の育成ドラフト1巡目で入団すると、1年目でいきなり支配下に昇格。さらに1軍デビューも果たし、12試合に出場した。外野手としてチームからの期待も高く、来季以降の出場試合の増加が期待される。

○片山雄哉(阪神)
 片山も規定打席には到達していないが、ここまで打率.393、出塁率.485のハイアベレージを残している。2018年の育成ドラフト1巡目で入団し、1年目の7月に支配下契約を結んだ。ウエスタン・リーグでは打率.202に終わったものの、台湾では打撃が好調で結果を残している。

ソフトバンクの尾形は7回2/3で16奪三振、ヤクルトの金久保とジュリアスも奮闘

 次に投手だ。

○古谷優人(ソフトバンク)
 NPBレッドで最多の3試合に先発し、リーグトップの防御率1.72をマークしている。2016年のドラフト2位で入団し、今季は5月に行われた3軍交流戦の香川戦でNPB史上左腕最速となる160キロをマーク。来季以降の台頭が期待されている剛球左腕だ。

○尾形崇斗(ソフトバンク)
 中継ぎで6試合に登板し、ここまで防御率1.17で2セーブをマークしている。特筆すべきはその奪三振数。ここまで7回2/3を投げて16三振を奪っている。2017年の育成ドラフト1巡目で入団した育成選手だが、先述の砂川リチャードとともに“育成の星”として期待の1人だ。

○金久保優斗(ヤクルト)
 ここまで6試合に投げて1勝0敗、防御率1.08と好成績を残す。8回1/3で9三振とイニングを上回る三振を奪っている。2017年のドラフト5位で入団。イースタン・リーグでは今季防御率8.27と苦戦したが、台湾では成長を感じさせている。

○日隈ジュリアス(ヤクルト)
 ここまで先発1試合、中継ぎ2試合の計3試合に登板して2勝をマーク。9イニングを投げて無失点を続けており、防御率は0.00となっている。2015年のドラフト4位で入団。2017年にはトミー・ジョン手術を受けてオフには育成契約となったが、復活を予感させる投球を見せている。

○大江竜聖(巨人)
 2年連続でのアジアウインターリーグ参戦となった巨人期待の左腕。ここまで先発2試合、中継ぎ2試合の4試合に登板して1勝0敗、防御率3.00。15イニングで17三振を奪っており、奪三振ランクで2位につけている。今季は1軍デビューを果たし、8試合に登板。来季以降の飛躍へ、この台湾での経験を生かしたい。(Full-Count編集部)