原監督に教えてもらった! 元プロ野球選手が那覇で少年野球教室

©株式会社琉球新報社

 元プロ野球選手による野球教室「ファンケルキッズベースボール2019in沖縄県那覇市」(主催・報知新聞社)が7日、那覇市奥武山の沖縄セルラーパーク那覇で開催された。県内29の少年野球チームから496人が参加した。

 巨人の原辰徳監督と元プロ野球選手8人が講師となった。子どもたちは指導を熱心に聞き、ボールの投げ方やグローブの使い方などを学んだ。

 原監督は「沖縄の子どもたちは野球のレベルが高い。プロ野球が発展するためには、子どもたちが宝物だ」と話した。

 オール真嘉比の黒木凜空さん(10)は「原監督にボールの捕り方を習って興奮した。教わったことを大会で生かしたい」と目を輝かせた。

 会場には、不要になった野球道具90点が集まった。国際協力機構(JICA)などを通して用具が不足している国や地域へ寄贈される。