地域包括支援センターだより

©株式会社VOTE FOR

■高齢者 冬の健康管理
冬は、急激な温度変化などで大きな病気や事故につながる恐れがあります。危険を知り、対策をとることで冬に備えましょう。

◆急な気温変化に要注意!
寒い脱衣所から急いで浴そうに入ると、温度差で血圧が急上昇・急降下し、脳や心臓にダメージを与え、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞、失神(転倒、溺死)などを招き、命に危険が及ぶことがあります。

◆冬にも起こる熱中症
特に高齢者は、のどの渇きを感じにくく、水分摂取の意識が低くなるため、脱水が進み熱中症を引き起こす可能性があります。

〈ココ気を付けて!〉
◆脱水、入浴時の事故予防!

●脱衣所を20℃以上に暖めましょう。
●湯気で浴室を温め、浴そうにつかる前に、かけ湯をして体を慣らしましょう。
●暖まり過ぎは危険。入浴時間は10分以内に。
●入浴前後に水分補給をしましょう。
●暖房器具の使用時は、1時間に1回、5分以上の換気をしましょう。
●体調が悪い、飲酒後、食後30分から1時間以内、精神安定剤・睡眠薬の服用後、気温が低い早朝・深夜は入浴を控えましょう。
(参考:東京法規出版)