真珠湾攻撃78年、犠牲者悼む

3千人出席、日米の友好強調

©一般社団法人共同通信社

戦艦アリゾナの記念館付近で敬礼する米駆逐艦の乗組員ら=7日、米ハワイ(共同)

 【ホノルル共同】太平洋戦争の戦端を開いた1941年12月の日本軍による真珠湾攻撃から78年を迎えた7日朝(日本時間8日未明)、米軍などがハワイ州真珠湾に面した公園で追悼式典を開いた。米退役軍人や日米の関係者ら約3千人が出席し犠牲者を悼み、日米の友好関係を強調した。関係者によると、当時の生存者13人が出席した。

 式典では攻撃が始まった時間に合わせて黙とうがささげられ、太平洋軍司令官を務めたハリス駐韓大使やバーンハート内務長官らがあいさつした。

 日本側からは伊藤康一駐ホノルル総領事らが出席した。9日には日米合同の追悼式典が行われる。

真珠湾攻撃の追悼式典で敬礼する退役軍人=7日、米ハワイ(共同)