聖夜の気分でよい夜を 岩手医大でクリスマスコンサート

©株式会社岩手日報社

クリスマスムードたっぷりの曲を響かせる楽団員ら

 岩手医大病院ボランティア委員会(増田友之委員長)は7日、矢巾町医大通のトクタヴェールで、同大管弦楽団と盛岡青松支援学校医大学習室の合同クリスマスコンサートを開き、サンタクロースやトナカイの装いと季節感あふれる演奏で患者らを喜ばせた。

 楽団員と、鈴や電子ピアノで参加した同支援学校の子どもたち合わせて約50人が、ディズニーメドレーやクリスマスフェスティバルなど9曲を披露。バイオリンのソロ演奏などで会場を盛り上げ、聴衆から大きな拍手を受けた。