新年迎えるのを前に 出石神社でしめ縄を奉納

©株式会社 サンテレビジョン

兵庫県豊岡市の出石神社では、氏子らが手作りした真新しいしめ縄が奉納され、拝殿などに取り付けられました。

氏子らが手作業で取り付けるしめ縄

但馬国一宮とされる豊岡市の出石神社では、おはらいのあと、氏子らがしめ縄を拝殿や社務所、参道など8カ所に取り付けていきました。

出石神社のしめ縄は氏子らがすべて手作業でつくったものです。 わらにする古代米を育てることから始め、稲刈りを終えるとしめ縄を編む作業を進めてきたということで、12月8日は完成したしめ縄を奉納し、声を掛けあいながら丁寧に取り付けていました。

出石神社では、大みそかと正月3が日で合わせておよそ2万5000人が訪れる見込みで、これから年末にかけて迎春準備に追われます。