鎮魂の花火、大震災犠牲者と同数を打ち上げ 兵庫・西宮で2月

©株式会社神戸新聞社

昨年11月、西宮市で24年ぶりに開かれた花火大会の様子=西宮市西宮浜4

 阪神・淡路大震災から来年1月17日で丸25年となるのに合わせ、西宮青年会議所(JC)は来年2月9日、兵庫県西宮市の新西宮ヨットハーバーで花火大会を開く。西宮市内の犠牲者1146人への鎮魂の思いを込めて同数の花火を打ち上げる。有料の観覧席1万席を用意する。

 西宮の花火大会は阪神・淡路大震災の前年まで市が開いていたが、震災後は財政難などから途絶え、昨年11月に西宮JCが24年ぶりに復活させた。今回の大会の会場では震災被害を振り返る企画展や、東日本大震災など全国の被災地のご当地料理を出す飲食ブースも並べるという。

 企画展や飲食ブースは午後3時~7時半を予定し、花火は午後6時から30分間打ち上げられる。終了後、阪神西宮駅までの無料バスを運行する。

 有料観覧席は1千~5千円を想定し、価格や発売時期などが固まれば、西宮JCのホームページから閲覧できる特設サイトで案内するという。同JCの岩本健熙さん(38)は「震災で中止された花火大会を通して、防災を考えてもらうきっかけにしてほしい」と話す。

 西宮青年会議所TEL0798.33.1615 (初鹿野俊)