王毅氏、ミャンマー国家顧問兼外相と会談 「一帯一路」共同建設の推進で一致

©新華社

王毅氏、ミャンマー国家顧問兼外相と会談 「一帯一路」共同建設の推進で一致

 中国の王毅国務委員兼外交部長(左)は7日、ミャンマーの首都ネピドーで同国のアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と会談した。(ネピドー=新華社配信/ウ・アング)

 【新華社ネピドー12月8日】中国の王毅(おう・き)国務委員兼外交部長は7日、ミャンマーの首都ネピドーで同国のアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と会談した。

 王毅氏は次のように指摘した。来年は中国・ミャンマー国交樹立70周年にあたる。双方は関連祝賀行事とハイレベル交流活動をしっかりと計画し、経済・貿易、人文(人的・文化的)分野の協力を全面的に推進し、全面的戦略協力を深め、手を携えて運命共同体を構築しなければならない。中国は両国の経済回廊に関する建設計画を「一帯一路」共同建設のモデルプロジェクトとして実行に移したい。インフラの相互接続は経済回廊の基盤で、関連の協力を着実に進めるべきだ。またチャオピュー経済特区、中国・ミャンマー国境経済協力区などの事業を加速させる必要がある。

 王毅氏は次のように強調した。中国は一貫して国際関係の民主化や各国が対等に付き合うことを主張し、他国への内政干渉と2国間問題の多国間化に反対している。中国の発展と振興は平和的な勢力の増大で、世界各国、特に周辺国に発展のチャンスをもたらすことになる。ミャンマーの今後の国家発展のプロセスにおいても、中国は引き続きミャンマー人民を支持していく。

 スー・チー氏は、双方は来年の国交樹立70周年を契機に、ハイレベル交流の強化や「一帯一路」共同建設、ミャンマー・中国経済回廊の建設に力を入れ、各分野の実務協力がより多くの成果を上げるよう促すべきだと表明。また、ミャンマーには直面している問題を処理する能力が十分あるとし、中国と共に国際・地域問題で意思疎通と連携を強化し、国連憲章の趣旨と原則を守ることを願っていると述べた。