ヴォルターズ連勝ならず、山形に競り負け バスケットB2

©株式会社熊本日日新聞社

【山形-熊本】第2クオーター、熊本のウィーバーがシュートを放つ=山形県総合運動公園総合体育館

 バスケットボールBリーグ2部(B2)の第12節は8日、山形県天童市の山形県総合運動公園などで5試合を行った。西地区4位の熊本ヴォルターズは、前日破った東地区6位の山形ワイヴァンズと再戦し、72─77で敗れた。熊本は11勝12敗となったが、順位に変動はなかった。

 熊本は第1クオーター、山形に3点シュートやミドルシュートを決められ20─25とリードを許した。第2クオーターは一時17点差をつけられ、中西良太のゴール下からの攻撃などで追い上げたものの36-41で終えた。

 第3クオーターはデイビッド・ウィーバーや佐藤正成の活躍で57─55と逆転。しかし、第4クオーターは要所で外からのシュートが外れて得点が伸びずに競り負けた。

 他の西地区勢は首位の広島が仙台に敗れた。2位の香川はFE名古屋を退け15勝目。5位の奈良は福岡を下して7連勝とし、10勝13敗として熊本に迫った。

 次節の熊本は11日午後7時から合志市総合体育館で香川と対戦する。

(2019年12月10日付 熊本日日新聞朝刊掲載)