Photo News

©株式会社VOTE FOR

■10/30「ねんりんピック紀の国わかやま2019」出場者へ激励費が支給されました
11月9日(土)から和歌山県にて開催された「第32回全国健康福祉祭和歌山大会(ねんりんピック紀の国わかやま2019)」にオリエンテーリング競技で出場した新家秀男さんとサッカー競技で出場した仕藤敏彦さんが中川教育長を表敬訪問しました。

■11/4こまきのこと分かるかな!?
「こまき検定」が市役所で行われ、市内在住の小・中学生31人が参加しました。
検定後には、問題解説と全問正解者の表彰が行われ、合格証と記念品(クラフト武将 組み立て工作キット)が渡されました。また、その他の合格者には合格証、参加者全員に参加賞のマグカップ(ブランドグッズ)が配布されました。

■11/7大学と連携して(仮称)こども未来館のデジタルコンテンツを制作します
市役所にて、小牧市と中部大学、名古屋芸術大学、名古屋造形大学が(仮称)こども未来館デジタルコンテンツ等制作に係る学官連携協定を締結しました。
これは、(仮称)こども未来館に整備するデジタルコンテンツ等について、大学の持つ知的資源(研究成果、ノウハウ)や人的資源(専門教授、学生)を活用し、地域を巻き込んだ活動の実施(地域振興)および、大学の研究成果の発表や学生の学びの機会創出により、人材の育成や発掘等を図ることを目的として締結したものです。

■11/9うれしい!たのしい!
にっこり!あそぼう!
こまキッズフェスタ2019が勤労センターで開催され、約2,500人が来場しました。
会場では工作や猫面作り、バルーンアート、太鼓体験、こども服リユースコーナーのほか、体育館ではチャレンジ!ニュースポーツと題し、キンボール、ペタンクシュートなどが開催され、訪れた子どもたちの笑顔で溢れました。

■11/10次代を担う青少年の健全育成のために
市民会館で、令和元年度小牧市青少年健全育成市民大会(教育関係者、PTA、市民など参加者約800人)が行われました。この大会は、青少年の健全育成が地域ぐるみで推進されることを目的としています。