米自動車雑誌社が紙版のほとんどを廃刊に

©NPO法人HON.jp

執筆者:大原ケイ

自動車雑誌出版社のTEN出版(TEN Publishing)が、22誌ある自動車雑誌のうち19誌を年内に廃刊にすると、業界誌フォリオが伝えている。

紙の雑誌として残るのは「MotorTrend」「Hot Rod」「Four Wheeler」の3誌のみ。ゼネラルマネージャーのアレックス・ウェレンは社員に宛てたメールで「厳しい知らせだが、他のコンテンツ・プラットフォーム上で、これからも自動車についてクォリティーの高いニュースを配信する我々のコミットメントは変わらない」と告げた。

モータートレンド・グループは2017年に設立されたジョイントベンチャーで、親会社であるディスカバリー社は元々 Enthusiast Networ というデジタル版とビデオの会社で、TEN出版が紙の雑誌部門だった。モータートレンド・グループはTEN出版に編集と営業を提供していた。

ウェレンのメールには「端的に言えば、読者がいるところに行かないといけない。MotorTrend デジタル版には何百万人ものファンがいて、スマホで情報を消費し、4人のうち3人が紙よりデジタル版を選んでいる」とある。従業員のレイオフについては何も発表されていないが、自主退職のオファーを計画しているという。

参考リンク

フォリオの記事
https://www.foliomag.com/ten-publishing-shuttering-19-print-magazines/