モウリーニョ、フェライニ獲得を熱望!

©フットボール・トライブ株式会社

モウリーニョ監督とフェライニ 写真提供:Gettyimages

トッテナム・ホットスパーの指揮官ジョゼ・モウリーニョ監督が山東魯能に所属するベルギー代表MFマルアン・フェラインの獲得を熱望しているようだ。英メディア『フォー・フォー・ツー』がベルギーでの報道を引用して伝えている。

2013年から2019年までマンチェスター・ユナイテッドに所属していたフェライニ。今年の1月には中国スーパーリーグの山東魯能へ移籍。デビュー戦で移籍後初ゴールを決めると今季は公式戦33試合に出場して12ゴール5アシストを記録した。そして今回の報道によると、そんな同選手の獲得にトッテナムが動いているようだ。

同メディアによると、フェライニがユナイテッド所属時代に監督を務めていたモウリーニョ監督が獲得を熱望しており、すでに同選手と連絡を取り合っているとのこと。どうやら1月の移籍市場の最優先事項と考えているようで、再会を希望しているようだ。

果たして、トッテナムがフェライニを獲得するのだろうか。