関電問題、高浜町が第三者委設置

職員の金品受領で

©一般社団法人共同通信社

 福井県高浜町は9日、関西電力役員らに多額の金品を渡していた元助役森山栄治氏(故人)と職員との間に金品のやりとりがあったかどうかを調べる第三者委員会を設置した。来年3月に調査を終える予定。

 町によると、調査対象は課長級以上の現職のほか、歴代の町長ら特別職と退職した課長経験者で、計67人。委員長を務める福井弁護士会の高辻俊一弁護士と町の代表監査委員の2人が聞き取りを進める。

 高辻氏は「限られた期間、条件の中ではあるが、誠心誠意、職務を全うする」とのコメントを出した。