広末涼子、斎藤工らが火星移住ドラマに参戦! “トリビア”コンビがモニタリング

©株式会社東京ニュース通信社

WOWOWプライムで2020年1月24日スタートのWOWOWオリジナルドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」(金曜深夜0:00)の出演者が発表された。

同作は世界中が火星移住計画を実行していく2030年を舞台にしたオムニバス・コメディー。火星に建設されたラボと呼ばれる密室に4人1組×6チームで振り分けられた登場人物たちが、それぞれのミッションに挑戦していく。連続ドラマと舞台化の連動企画で、鈴木おさむがドラマの脚本と舞台の演出・脚本を務める。

ドラマ版の第1話で三ツ星イタリアンのシェフ・鐘近宏樹を仲村トオル、第2話で東大出身のクイズ王・秀山茂雄を要潤、第3話で人気アパレルブランドのデザイナー・佐山美香を広末涼子、第4話でカメラメーカー勤務の大杉隼人を矢本悠馬、第5話で人気作曲家の大松翔太を斎藤工、最終話で元バンドマンの医者・如月漣を三浦翔平がそれぞれ演じる。火星という壮大なスケールをよそに、それぞれの密室で巻き起こるのは宇宙一スケールの小さな小競り合いの数々。火星移住計画にふさわしいのは一体どんなチームなのか。この6人と共同生活をおくる各話のキャストは今後発表される。

さらに、彼らを火星に送り込む「航空宇宙センターWASA」の部長・坂本役に高橋克実、その秘書・品田役に八嶋智人が決まった。「トリビアの泉」で名をはせた名コンビが、火星での共同生活をモニタリングし、クルーたちに指示を与えていく。