給食と清掃の姿を海外へ発信 中村二小

©株式会社VOTE FOR

海外からの視察団5人は11月8日、中村第二小学校を訪れ、学校給食と児童の清掃風景を視察しました。
視察は外務省が主催し、海外から記者を中心に招へいし日本の実情を正しく発信してもらうことを目的に行われています。
今回は、東日本大震災からの復興状況や日本ならではの文化である学校給食や児童が主となり行う清掃の様子を取材機会として提供することで、広く海外へアピールするため実施されました。
参加者は、海外の学校では珍しい給食に触れるため、コミュニケーションを取りながら6年生と一緒に給食を試食し、給食のことや学校生活の様子を身振り手振りで質問するなど児童との会話を楽しみました。