202万円から2万200円まで!オリンピック・パラリンピックと東京を味わい尽くす福袋ツアー!!

©株式会社ID Cruise

2020年の東京オリンピック・パラリンピックのオフィシャル旅行サービスパートナーである、KNT-CTホールディングス株式会社。近畿日本ツーリストとクラブツーリズムという2つのブランドを有する同社が観戦ツアーの“福袋”の発売を決定。12月6日(金)に東京都内で記者会見を行なった。

お値段202万円のコースの内容は?

KNT-CTが発売する福袋とは、抽選による販売を行なう「2020年福袋シリーズ」のこと。オリンピック・パラリンピックのチケットと宿泊をパッケージにした、公式観戦ツアーである。

ツアーの商品開発を担当したKNT-CTの酒井博国内旅行部長によると、今年の7月に同社が発売した「東京2020オリンピック公式観戦ツアー」などが非常に好評だったため、感謝の思いを込めて福袋シリーズを発売することにしたという。

福袋の価格は202万円から2万200円までと非常に幅広い。202万円は「開会式と注目の5競技観戦コース8日間」と「閉会式と注目の5競技観戦コース8日間」の2コース。開会式・閉会式はカテゴリーA席、観戦競技はすべてメダルがかかった試合、宿泊は帝国ホテルという豪華さである。一方のリーズナブルな2万200円は日帰りプランとなっている。

福袋シリーズは、観戦以外にも参加者がさまざまな体験をできることにもこだわっている。202万円のコースでは、トヨタの超小型モビリティ「TOYOTA i-ROAD」に乗っての東京観光が楽しめる。「観戦テーマから選ぶ“セレクト3”コース5日間」には、AOKIがスーツ上下から靴までフルコーディネートした服のプレゼントが付く。オリンピックとパラリンピックを軸にしながら、それだけではないバラエティ豊かな体験を提供することを目指しているのだ。

柔道金メダリストがVR車いすレースに挑戦!

今回のツアーでは、競技のルールや面白さを伝える「見どころ解説セミナー」も行われて、観戦をより充実したものにしてくれる。解説を担当するのは競技をよく知るオリンピアンや元全日本選手などで、この日の会見にも柔道を担当する谷本歩実さんと、バスケットボールを担当する佐々木クリスさんがゲストとして参加した。

壇上では、佐々木さんが見どころ解説をショートバージョンで実演。ペイントエリアと呼ばれるゴール付近の区域での攻防に注目すると、さらにバスケットボールの試合が楽しくなるとわかりやすく解説した。セミナーでは、解説を聞いた人がみんなに教えたくなる、自慢したくなるようなワンポイント観戦術をたくさん披露したいとのことだった。

続いて、谷本さんがVRの車いすレースに挑戦。画面には谷本さんが見ている未来的な東京の映像が映し出され、そこを谷本さんの車いすが猛スピードで駆け抜けていった。福袋ツアーにおいてもVRフェンシングやARボルダリングなど、最新テクノロジーを活用した競技体験が行われるそうなので、谷本さんと同じような興奮をツアー参加者も味わうことになるのだろう。

2020福袋シリーズの抽選受付の期間は、12月26日(木)より2020年1月14日(火)まで。当落の結果は2月上旬ごろに発表される予定だ。