日比谷図書文化館文化財 特別展 江戸の人びと、本をたしなむ〔入場無料〕

©株式会社VOTE FOR

蔵書家・齋藤吉之氏は、昭和期に神保町を中心に古書店をめぐり歩き、和本や洋装本、洋書を集めていました。その約7,000冊もの膨大な書物「齋藤氏旧蔵資料」を、千代田区教育委員会が千代田区在住の齋藤氏のご子息から平成8年に寄贈を受けました。シリーズものはほぼすべての本がそろい、とても貴重です。今回はコレクションの中から和本をもとに、江戸時代の書物や読書文化を紹介します。

日時:1月18日(土)~3月8日(日)10時~19時
(金曜は20時まで、日曜・祝日は17時まで)
休館日:
・1月20日(月)
・2月17日(月)
場所:日比谷図書文化館1階特別展示室(日比谷公園1-4)

■特別展展示解説
日時:
・1月29日(水)
・2月14日(金)
※いずれも18時~
(各回30分程度/当日直接会場へ)
場所:日比谷図書文化館1階特別展示室
内容:学芸員が展示の見どころを紹介
講師:日比谷図書文化館学芸員

■特別展関連講演会「知を編む江戸の人びと―江戸時代の書物・蔵書を読み解く―」
日時:2月15日(土)15時~16時30分
場所:日比谷図書文化館地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)
定員:180名(申込順)
内容:江戸時代の印刷技術の向上や文書による行政システムの発展が、人々の知に与えた影響に着目し、都市や村落での読書活動や蔵書文化を読み解く
講師:工藤航平氏(東京都公文書館専門員)
費用等:500円
申込み:1月31日(金)(消印有効)までに往復ハガキ(10面記入例参照/1枚につき4名まで)で上記問合せ先へ

・江戸の人びとは、娯楽としてだけ読書をしていたわけではなかった?
・江戸で流行した書物とは?
・幕末期の書物の近代化とは?
~答えは当日会場で~