鈴木愛理が東海ラジオ公開生放送で披露した「めちゃくちゃ最近の哀しい話」

©株式会社radiko

「東海ラジオ プレミアムウィーク 令和ドラゴンズスペシャル~冬の陣」(12月7日~15日)初日の7日、名古屋市のアスナル金山で、開幕祭と銘打って3時間の公開生放送が行われ(14:00~17:00)、16時台には、歌手でモデルの鈴木愛理が登場し、ライブとトークで会場を盛り上げた。

今回の番組は、東海ラジオのパーソナリティが、喜怒哀楽をテーマに、エピソードトークを競うというもので、ゲストの鈴木愛理も参加した。鈴木が選んだのは、喜怒哀楽の中の「哀」で「めちゃくちゃ最近の哀しい話」を披露した。

鈴木「最近は手足が凍えるような寒い日が増えてきたが、ちょっと寒いぐらいなら、布団に入るまでは暖房を我慢しよう。節電、節電」と、電化製品に頼らず過ごしてきたという。しかし、ここ2,3日の寒さに耐えられず、暖房を入れようと、リモコンを手にしたが「なぜか、スイッチが入らない。最初にピッと音がして何かがついたが(リモコンの)画面に何も映らない。夏以来、使っていなかったので、冷房になっていたのだろう、でも、わからないので、一旦スイッチを切った。そうしたら、次は何もつかなくなった」ということだった。

エアコンのリモコンが壊れたことにより、鈴木は今、布団に入るまでは(暖房なしの)極寒生活を送っているそうだ。「誰か、リモコンの直し方を教えてほしいな」と訴えていたが、司会の山浦ひさしから「まずは、電池を確認したら」と、もっともな指摘を受けていた。鈴木は(寒さに耐えて)体を鍛えようとしている人のような生活をしているわけだが「人間は昔(暖房器具など)何もないところで生きていましたから」と、最後はプラス思考発言で「哀」トークを締めくくった。

鈴木は、国内外で人気を博したアイドルグループ「℃‐ute(キュート)」解散後、去年6月からソロ活動を行っている。山浦から「グループにいたほうがよかったこと」と「ソロになってよかったと思うこと」を聞かれ「(グループ)5人でいたときは、弁当をシェアすることができた。今は(ひとりなので)弁当を選ぶときに、厳選しなければならない。選択に失敗が許されない」と言い「(ひとりになって)寂しいなと思うと、より、ファンのみなさんのありがたさに気づくことが多くなった。ファンのみなさんとの“二人三脚感”を勝手に感じている」と答えていた。

鈴木愛理、当日のライブでは、去年9月にリリースされた1stシングル「エスケイプ」、12月18日リリースの2ndアルバム「i(あい)」に収録されている「Break it down」などが披露された。12月25日にはZepp Nagoyaでライブも予定されている。また、鈴木がライブとトークで盛り上げた公開生放送では、東海ラジオのパーソナリティが登場し、それぞれの担当番組の「プレミアムウィーク企画」を紹介した。期間中は「特別ゲスト」の出演や「特別プレゼント」が用意されている。

東海ラジオプレミアムウィーク 令和ドラゴンズスペシャル~冬の陣~開幕祭

放送局:東海ラジオ

放送日時:2019年12月7日 土曜日 14時00分~17時00分

この番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。